ピックアップ情報

PICK UP INFORMATION

合宿 豆知識キャリーバッグ

  • お役立ち情報

合宿となると、着替えやらなんやらで、荷物が多くなりますよね?

当然、大きなかばんを持っていきますが、大体皆さんはキャリーバッグでもっていくと思います。

ただ、このキャリーバッグ大きさが問題なんですね。

【バス旅の場合】

大型バスの最大乗車人数は60名まで乗車できます。

つまり、60名で大型バスを借りると、一番安くバスが利用できます。

が、60名全員がキャリーバッグを持ってきた場合、トランクルームに入りきらない可能性があります。

そうなると、てんやわんやですね。おすすめとしては、男性陣はボストンバッグできてもらいます。

まだ、ボストンバッグだと、形が崩れるので、積み込みやすいですね。

【マイカー&電車の場合】

荷物がすんごいめんどくさくなります 笑

まだ、マイカーの場合はしのげても、電車だと公共の場になるので、気も使ったりと大変ですね。

荷物が多い時は減らすか、あらかじめ宿に送っておくのもおすすめです。

【飛行機の場合】

これが最大の難関だと思います。

最近はLCCが格安で人気なので、搭乗する機会も多いと思いますが、良く確認してください。

LCCの場合、荷物を預けるのに料金がかかるプランと、かからないプランがあります。

かからない場合は、何キロまで預けられるかも確認しといたほうが良いですね。

料金がかかる場合は、支払えば預けられますが、極力出費はおさえたいですよね?

その場合は、手荷物で2個まで機内に持ち込めます。ただ、手荷物でも機内に入れられるサイズの上限があります。キャリーバッグでも、国内用の小さいサイズは持ち込めますが、海外用の大きなものは、持ち込めません。

ややこしや~ややこしや~ 笑

 

キャリーバッグにもサイズがあるので、様々ですが団体旅行で、特に飛行機はお気を付け下さいね。

みんなは搭乗できても、自分ひとりだけおいてけぼりという状況になりかねないので、十分にサイズにはご注意ください。

以上キャリーバッグについてでした!

  • twitter
  • facebook