ピックアップ情報

PICK UP INFORMATION

サーピスエリアとパーキングエリア

  • お役立ち情報

高速道路でドライブをして、ちょっと一休みする時に利用するサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)です。よく混同しますが、どういう違いがあるのでしょうか?

【明確な区別がつけにくいSAとPA】

一般的にSAが大きい施設で、PAが少し小さめの施設だと思われているかもしれません。

ただ、意外にも明確な区別が付きにくいことになっています。

それぞれの定義として、SAは人と車が必要としているサービスの提供です。

 

人が必要とするのは、トイレや休憩所。車が必要としているサービスはガソリンスタンド等です。

ただし、全てのSAに設備があるといったことではありません。

PAはドライバーの疲れや緊張をとるためのサービスです。

トイレは全てにありますが、売店やガソリンスタンドは利用状況に合わせて設置されます。

なので、ガソリンスタンドが設置されていないSAもあれば、設置されてあるPAもあったりと立地条件による利用状況が大きく左右される仕組みになっていますね。

【SAとPAの設置の間隔はどのくらい?】

SAはだいたい50kmに1か所です。

PAはだいたい15kmに1か所です。

※かならずしもこの距離にある訳ではありません。

【まとめ】

イメージとしては、50kmごとにあるSAの方が大きいと認識してましたが、以外にもそういうことではなく、利用状況に合わせて設置とは驚きましたね。

そう思うと、関西では草津PAも甲南PAもパーキングエリアなのに大きいですね。笑

行程の途中にある立ち寄り施設ですが、いろいろと調べてみるのも面白いかもしれませんね。

  • twitter
  • facebook