ピックアップ情報

PICK UP INFORMATION

新幹線のコンセントの位置

  • お役立ち情報

新幹線の豆知識!コンセントです。

最近はスマホでなんでもできるので、ついつい電池の消費が早くなりますね。

ゲームやSNSを見過ぎたりして、いざという時に電池がない!といったことになってしまいます。

充電がどこでもできればいいのですが、なかなか見つけるのも一苦労です。

【コンセントがある座席と割合】

さて、本題の新幹線のコンセントですが、車両タイプによってばらつきがあります。

  • 700系初期型・・・コンセントは付かない  ひかり・こだまで1割程度走行
  • 700系後期型・・・先頭の座席と一番後ろの座席のみコンセントあり ひかり・こだまで3割ほど走行
  • N700系・・・・・・・窓側の1席と、先頭と一番後ろの座席にコンセントあり のぞみはすべてこの車両

となります。

ちなみに、700系初期型とは2001年5月22日以前に作られた車両です。

こだま・ひかりの限定とはいえ、もう20年近く運行されてるんですね。笑

そして、グリーン車の場合は、700系の場合は普通車と同じですが、なんとN700系になると全席に付いてます。

さすが、グリーン車。お金は世界を変えます 笑

【運行車両の確認】

のぞみであれば、どの時間帯でもN700系なので、コンセントは窓側には付いてます。

こだま・ひかりの場合は、700系が今も走っているので、確認の必要があります。

時刻表等で表記があるので、それで確認できます。本屋である赤本みたいな本でもいいですが、、

JRの改札やみどりの窓口に、小さい時刻表が置いてますので、そちらをご覧ください。

【電圧・電流と周波数】

新幹線のコンセントの電源は100V・2Aの60Hzです。

東京から名古屋まででもかわらず、60Hzですね。まあ、最近の電化製品は両方に対応されているので、そんなに周波数は気にしなくていいと思いますが。

【まとめ】

コンセントは列車や座席にっては付かないところもあるので、よく確認しましょう。

一番安全なのはグリーン車に乗ることですね 笑

まあどうしても緊急の場合は、一声かけて電源を借りてもいいと思います。

しっかり準備して、鉄道の旅を満喫ください。

  • twitter
  • facebook