ピックアップ情報

PICK UP INFORMATION

旅行のキャンセル代金の計算方法

  • お役立ち情報

出発前に人数もそろって、あとは合宿に行く日を待つだけ。

そんなことを考えているときに突然出てくるのが、キャンセルです。

特にバスを使うような、旅行の場合一人でも人数が減ると、金額が変わるので、注意が必要です。

また、キャンセル代金の計算方法です。

 

基本的には、出発の20日前を過ぎてからのキャンセルに関しては、

20日前~8日前・・・旅行代金の20%

7日前~2日前・・・旅行代金の30%

前日・・・旅行代金の40%

当日出発前・・・旅行代金の50%

出発後・・・旅行代金の100%

となります。

 

※LCCを利用した商品など、商品ごとに規定が変わるものもあります。詳しくは担当者にお聞きください。

※団体旅行の場合、旅行取扱企画料金もあります。そちらは契約書を結んでから発生します。

 

よくある間違い

旅行代金に+でキャンセル代金がかかると思われるパターン

この考えなら、キャンセルが出ても報告しない方がいいですね 笑

当然、そのキャンセルされた方が払うはずだった、旅行代金の20%~の計算になります。

確定を出したらお金は返ってこないと思われるパターン

「※」にあるように、そのような商品もありますが、基本的にはいくらかは戻ってきます。

 

まとめ

楽しみにしていた旅行をキャンセルせざるを得ないのは、悲しいですが、仕方のないこともあります。

もし早めにわかれば、早い段階でお知らせしてくださいね。

  • twitter
  • facebook