ピックアップ情報

PICK UP INFORMATION

ねぶた祭り

  • 観光地情報

東北三大祭りに数えられる、青森のねぶた祭りです。

【東北三大祭り】

東北の三大祭りとは、仙台七夕まつり・秋田竿燈まつり・青森ねぶたまつり。のことです。

同じ時期に開催されるので、この3つを回るツアーで、東北三大祭りツアーという商品もあります。

【青森だけでなく】

青森だけでなく、弘前ねぷたまつり・五所川原立佞武多と青森県各地で、ねぶたまつりは開催されます。

(ねぶた・ねぷた・ねふた)とは、眠り流しの「眠り」が転訛したものです。

【ねぶたの変遷】

享保年間(江戸時代初期)に弘前のねぷた祭りを真似て燈篭を持ち歩き踊った記録が、青森ねぶた祭りの起源です。

その後、いろんな変遷を経て、現在の形になったのは、戦後の事だと言われています。

【どうやってつくるの?】

骨組は、木材で作ります。

きっちりと書き込まれた下絵を設計図として、針金で紙がはれるようにしていきます。

出来あがった骨組に奉書紙を張っていき、はみださないようにします。(ここが一番難しいといわれてます)

そして、墨で形を取った後、色を付けます。

できあがったねぶたを40~50人で持ち上げると、見たことのあるねぶたになります。

【まとめ】

東北の三大祭りとして有名なねぶた祭り。

歴史的にも古くからあり、まさに伝統の祭りですね。期間中の観客動員数は300万人を超えます。

そして、そんなねぶたには多くの人たちの努力の末に築きあげられているものなんですね。

この夏のねぶた祭り、是非とも青森に行ってみてはいかがでしょうか?

  • twitter
  • facebook