ピックアップ情報

PICK UP INFORMATION

JRの列車の乗り遅れ

  • スタッフの生の声

JRの列車の乗り遅れです。

新幹線やJRの特急を指定席で予約をすると、チケットに時間が印字されています。

そのチケットで、その時間の列車の指定席を取っていますよということですね。

今回は、その列車に乗り遅れてしまった場合の対処方法です。

【特急券と乗車券】

皆さんもお気づきの通り、チケットには特急券と乗車券の2枚が付いています。

※1枚になっているチケットもあります。その場合は、下記に記載しますね。

2枚あれば、1枚が乗車券、1枚が特急券となります。

(乗車券とは)

単純にJRの列車に乗るためのチケットです。在来線を利用する際に駅で購入する切符と同じことです。

(特急券とは)

特別急行(特急)に乗車するためのチケットです。

要は特別な列車だから、UP代金を支払っているわけですね。

 

以上のように、お金の支払いの目的が分かれているので、乗り遅れてしまった場合、特急券が無効になってしまったということです。なので、乗車券は乗車券として使えます。

どういうことか?

乗車券があれば、そのまま後続の列車の自由席であれば、乗車できます。

【チケットが1枚の場合】

パンフレットのツアーで申し込んだ場合。

チケットが1枚になっているものもあります。その場合は、注意が必要です。

1枚だけど、乗り遅れた場合に、後続の列車を利用出来るチケットと、利用できないチケットがあります。

詳しくは、チケットの券面に書いてあります。

後続でも利用できるのであれば、自由席は利用できます。

利用できないチケットであったら、一度、旅行会社に相談をしてみてください。

遅れた理由等を詳しく話をしてみましょう。

 

【まとめ】

チケットによっては、後続に乗れるチケットもあれば、乗れないチケットもあります。

万が一乗り遅れた場合、チケットをご確認ください。

チケットが手元に届いたら、必ず時間を確認して再度、旅行行程をチェックするのも忘れずに!

券面を見ても分からない場合は、旅行会社に出発前に問い合わせをしておく方がいいですね。

 

 

 

 

  • twitter
  • facebook