ピックアップ情報

PICK UP INFORMATION

チェックイン/チェックアウト

  • スタッフの生の声

旅館のチェックインとチェックアウトについての説明です。

【チェックイン】

合宿で、旅館やホテルに着くとまずフロントに向かいます。そこで、予約名を告げ記録を確認してもらい、宿泊者名簿に代表者の名前と連絡先と住所を書きます。

そして、鍵を受け取りお部屋へこれがチェックインです。

※記入する住所は旅館業法で定められており、都道府県知事の要求があった場合は、提出する義務があります。ここに住所を記入したからといって、DMがきたりとかそんなことはありません。

チェックインの時間はだいたい、15:00~が一般的です。

【チェックアウト】

反対に、チェックアウトは鍵をフロントに返すことをチェックアウトと言います。

チェックアウトは、一般的に10:00までというのが多いですね。

 

チェックアウトは10:00で、チェックインが15:00です。10:00にお部屋を出てもらって、次のお客さんがくる15:00までにお宿さんは、お部屋の掃除に入ります。連泊の場合も、シーツを変えたりと掃除は入ります。

※合宿の場合は、プランによって掃除が入ったり入らなかったりもします。契約の時に置き聞くださいね。

 

【よくある質問】

チェックインとチェックアウトは何時ですか?という質問をよく聞きます。

単純にチェクインは15:00でチェックアウトは10:00ですが、合宿などは旅程が特殊ですね。

(旅程)

お昼ごろに旅館に着いて、荷物を置きそこから体育館やグラウンドに向かって、夕方に旅館に帰ります。

帰る日も練習の場合は、朝に体育館やグラウンドに向かって、お昼に旅館に戻ってご飯を食べて、

出発します。

 

この場合、どこがチェックインでどこがチェックアウトでしょうか?

答えは、チェックインは、夕方旅館に帰った時。チェックアウトは、朝にお部屋を出た時になります。

チェックインとチェックアウトですが、お部屋に入るか出るかで判断します。

なので、当然、当日のお昼に一度旅館に立ち寄った時は、お部屋には入れませんし、次の日のお昼に旅館に戻った時も、お部屋に入れません。

では、なぜ寄るのか?着替えをしたり、荷物を置いたりします。

その場合、当然着替えのために、お部屋には入れません。荷物もフロントの片隅置いてもらいます。

お部屋は掃除中でチェックインは出来ないのでそうなります。

※早くに終わっていれば、可能な場合もあります。

よくある質問でチェックインとチェックアウトを聞かれますが、多いパターンがこの事を聞かれています。

合宿で早く着いた場合もチェックインは出来なくても、荷物は預かってくれます。

また、チェックアウト後も昼ぐらいまでなら荷物を預かってくれます。要はお部屋だけ出て行ってもらえばいいわけです。

 

【まとめ】

チェックインとチェックアウトですが、イメージとして旅館にいること自体でとらえがちですが、お部屋に入るか入らないか?ということでイメージしてもらえばと思います。

 

 

  • twitter
  • facebook