ピックアップ情報

PICK UP INFORMATION

トイレ付き貸切バス

  • スタッフの生の声

車内で飲んでトイレが近くなるから、子供やお年寄りが多いから、様々な理由で需要のあるトイレ付きバスです。

ただし、そんなトイレ付き貸切バスですが、現在は少なくなっています。

バブル期は多くあったようですが、最近はサービスエリアの充実や道の駅等道路の環境が良くなっていることもあるのかもしれませんね。また、バスならではの理由もあります。

【座席数が減る】

トイレ付きとはいえ当然、トイレの分バスが大きくなるわけではないので、通常のバスの座席をつぶしてトイレを設置します。なので、最大乗車人数が減ります。

通常は45席か49席が正シートで設けられている大型バスですが、トイレを付けることによって、

4席~6席ほど少なくなります。輸送能力が減るということですね。

【回数に制限がある】

貸切バスに設置されているトイレの汚物タンクは通常30L~50Lとなります。

この数字はトイレの回数に換算すると、30回~50回ぐらいだそうです。

ということは最大で40名ほどの乗車人数なので一人1回行くともう使用できなくなります。

回数に制限があると、気を使って出来ないですね 笑

【まとめ】

そんな理由によってトイレ付きのバスはどんどんと減ってますね。昔はよくあったようですが、最近のトレンドとしては当てはまらないのかもしれません。とはいえまだ置いてあるバス会社もありますので、その都度ご確認ください。

冒頭でも言った通り最近は道路環境もよくなっています。車内のトイレよりも、サービスエリアや道の駅で綺麗なトイレをこまめに利用をした方が逆にストレスフリーなのではないでしょうか。

 

  • twitter
  • facebook